二胡について

二胡

二胡
二胡とは、中国を代表する擦弦楽器の名称です。中国での正式名称は胡琴。日本では一般的に胡弓と呼ばれています。
前15世紀に胡の国(現在のイラン、またインドという説もある)で発祥した擦弦楽器が、西行してアラビア経由でヨーロッパに入り、近代のヴァイオリンの祖となり、東行したものは中国に入り、胡琴と称されるようになりました。胡琴の種類にはさまざまなものがありますが日本でも一番一般的なのがこの二胡です。
二胡は紫檀・黒檀・マホガニーなどの胴部にニシキ蛇の皮が張られ、馬の毛を張った竹製の弓を二本の弦の間に挟んで弾きます。開放弦はD音とA音(固定ドでは、レとラ)。独奏の他、京劇などの劇音楽の伴奏楽器としても用いられています。構造上ヴァイオリンよりも微妙で深いビブラートをかけることができ、女性の声に似た音色と言われます。今では幅広いジャンルの音楽に旋律楽器として取り入れられています。

高胡

高胡
構造は二胡と似ていますが、音域が4ないし5度高くなります。開放弦は一般的にG音とD音(固定ドのソとレ)。二胡より明るく、官能的な音がします。両膝に挟んで演奏することの多い楽器で、そのため写真の高胡は蛇皮の下の部分に木のカバーがしてあります。広東地方の音楽に多く使われ、代表曲としては「漁舟唱晩」、「平湖秋月」などがあります。陳臻2枚目のCD「ファーバンツ hua-bang-zi」にヴァイオリンの名曲「ツィゴイネルワイゼン」が収録されていますが、前半の憂いをおびた緩徐楽章(速度の遅いところ)は二泉琴で、後半の快速テンポのところは高胡に持ち替えて演奏しています。

二泉琴

二泉琴
外観は二胡とほぼ同じです。ただ、二泉琴のほうが少し大ぶりで、低音域が二胡より広く、低音はチェロのような男性的であたたかみのある音色がでます。開放弦はG音とD音(固定ドではソとレ)。この楽器のレパートリーとしては名曲の誉れ高い「二泉映月」があります。

板胡

板胡
二胡より高い音域を持ち、高音板胡・中音板胡の二種類があります。椰の実でできた胴部に桐の板が張られています。開放弦は、高音板胡がD音とA音、中音板胡がG音とD音です(固定ドでは、それぞれレとラ、ソとレ)。ヘビ皮の二胡・高胡が湿度を感じる憂いのある音色であるのに対して、板胡はカラッと乾燥した、華やかな大陸的な音色です。陳臻のCDの中には板胡の曲が数多く収録されています。日本ではまだあまりポピュラーではありませんが、実に高雅な魅力的な音色ですので是非一度聴いてみて下さい。
PAGE TOP